通学している時は、いつも瀬戸際まで寝ている中学校。
後れは控えるけれど、実に危なっかしいシチュエーションが貫く。
厳しい時は、発車時間15食い分前に遂に起きるという、凄まじい状態になる。

身支度はテキトーで、外見も洗って行かないし、歯も磨かない。
食事は食べないで、通学路を駆け抜けながら、狭い容積のおにぎりをほおばる。
恥ずかしくないのかなぁ?

これが、休日になると、必要以上に起床時間は早くなる。
普段は7事例を過ぎても起きて欠けるのに、6時折今や起きてて、
小学校のラジオ体操に付き合う。
カードがないけど、観客で配布しているのでもらえるしね。

自分がラジオ体操に行かないとならなかった時は、極めて起きなかったのに。
参加の印鑑スタッフになっても、それは貫く。
スタッフは後れできないのに、普通に遅刻してたよ。
寝坊して行かない時もあったし。

脈絡が無くなったら、早い時間に起きれるのは何で?
中学校は行かなくていいのに、己進んでいく有り様。

自身が昔は、夏休みの最終まであったラジオ体操だけど、
今は半分くらいの日数で終了する。いつのまにそんなになったんだろう?

日々、ラジオ体操があったら、暮らしが確立する、絶対に。