毎年もらう年賀状の中には、印象に残るものが必ずあります。例えば、「親子で申年」と書いてあった昨年の年賀状。大学時代の友人からもらったものですが、友人本人も、奥さんも娘さんも申年だそうです。見ていて心温まるものがありました。
2017年にもらった年賀状の中で印象に残ったのは、叔父からの年賀状と、高校の同級生からの年賀状です。
叔父の年賀状には庭で干し柿をついばむメジロの写真が載っていて、「わが家の冬の風物詩」というキャッチコピーが付けられていました。叔父宅ならではのオリジナリティが感じられます。自宅のユニークな光景を写真に収めるのは、簡単にできそうで、実はなかなかできないような気がしました。
一方高校の同級生からの年賀状には「人生の断捨離」と書かれていました。人生を断捨離するとは具体的にどうすることなのか、同級生に一体何があったのか—など、想像をかき立てられるような、どこか意味深な言葉です。「人生の断捨離」という言葉そのものに、かなりのインパクトがありました。
昨年の「親子で申年」といい、今年の「わが家の冬の風物詩」「人生の断捨離」といい、印象に残る年賀状には、もらう人の心を引きつけるような言葉があるようです。http://www.blueknightseminars.com/

資産などについて稽古しました。まずは、資産別の長所と短所についてだ。火力の長所は、発熱容積が高いことです。短所は、埋蔵容積に以上があり、二酸化炭素などを発生します。水力の長所は、二酸化炭素などを発生しません。短所は、風土をいちじるしく破壊します。原子力の長所は、少量の原点燃料から大量の手数が得られます。短所は、埋蔵容積に以上があり、防犯要素での注意が必要です。これからの手数資産は風力発電、主流人気発電、地熱発電、サンシャイン発電があります。安全で、地球環境に悪い影響を与えない手数の発明が望まれています。次は、環境に手厚い手数利用の形式についてだ。都内板橋区のエコ婦警中央は、区民が風土についての要覧を得て、勉強をし実績もできるようにつくられました。物件は自然とのマッチを題目に設計され、中央内で使用される手数本家も自然を利用し、環境に心配の乏しい仕組みが採用されています。思い切り勉強になりました。