何がキッカケで物事が働くか何て思い付かものですね。
その日、俺は個々ととあるカフェでお茶をしていました。
そして、俺は極めて緊張していたのです。

何故なら、俺はこういう個々が良い人ではあるのですが、相当嫌悪だったからだ。
その個々はレポートを作らずに言語で話したり、字の誤用や原理の繁栄が多々ある結果、亭主の魂胆を汲み取るのに相当苦労するからだ。
そんなわけで、その日も俺は深呼吸をして息づかいを整え、額から洩れる不快脂汗を拭い、その個々との対面(?)に臨んでいました。

「マジに何の洒落や」
「分からへん」
「せやろ?」
これは全てその個々が出合い頭にふらっと放ったワンポイントだ。
俺は思わず、
「は?何が?」
と咄嗟に聞いてしまいました。
その私のワンポイントが友人の逆鱗に触れたらしく、
「「は?」ちゃうやろ!ありえへんからありえへん言ってんねん!」
俺はいつものことと頭では理解しつつも、混乱してしまって賢く字がでてきません。
個々は続けます。
「くずや」
「だから無理なんやって」

亭主が私のスタイルについて話していることに俺が気付くまで15食い分ほどかかりました。
どうも亭主は冬のこの時期に俺が半袖を着ていたことが許せなかったようです。

俺はこういう個々と話すたびに、自戒の意味を込めて、邦人でも規則正しい日本語の文法を勉強する仕事はあることを改めて激しく胸に刻んでいる。ベルタ酵素 痩せた太った

近々子供を一時保育に預けるのですが、その日に夫が休みとなりました。
一時保育に預けるのはプレ幼稚園代わりで、少しでも集団生活に慣れてもらえればと思って月に数回預けているんです。
なので特別用事があるわけではないんですよね。

つまり私はその日、せっかくだから自由にぐーたらしようと思っていたんですよ。
一人で好きなことができる時間なんてあんまりないのでわくわくしていました。
それなのに夫も休みとなると、ご飯の用意からなにから全部やらなくてはならないじゃないですか。

すごくショックでしたね。
よりによってなんでその日にと思いました。
しかしそんなことを言ってはかわいそうだし、だけれどその日はもう自分のお休み気分でいたからなにもしたくないしで、夫にはちょっと優しく言うことにしました。

ごめんね。その日は一時保育で私はパソコンから離れません。
モアイ像が家にいると思ってくださいと説明しましたよ。

なるほど了解と言っていましたね。わかってくれたようで心底ほっとしましたよ。