戦争映画「プライベート・ライアン」の紹介

戦争をテーマにした映画「プライベート・ライアン」を紹介したいと思います。
物語は第二次世界大戦のフランス、オマハビーチを舞台にしたノルマンディー上陸作戦から始まります。
ジョン・ミラー大尉(トム・ハンクス)も部隊を率いて、この作戦に加わっていました。
映画冒頭のノルマンディー上陸はリアルな戦闘シーンで、その凄まじさに衝撃を受けました。
そして激戦の末、上陸作戦は成功しました。
多くの部下を失いましたが、ミラーは命を落とすことなく無事任務を果たしました。
その後ミラーに軍から直接任務が言い渡されました。
それは4人の兄を全て戦死で失ったライアン二等兵を捜索し帰国させることでした。
一種の広報活動でした。
ミラーは部下を2名失いながらもライアンを探し出します。
しかし、ライアンは帰国することを拒み戦うことを選びました。
ミラーたちもライアンに同調して、共に戦うことにしました。
そして戦闘が始まり、ライアンは命を落とすことはありませんでしたが、ミラーとその部下のほとんどが戦死してしまいました。
この映画では兵士の視点から戦争を描いています。
そのため、戦闘に参加している兵士のやりきれない気持ちや、戸惑いなども描かれています。
見終わった後、私も何とも言えない気持ちになりました。
戦争では多くの一般人が犠牲者ですが、兵士も犠牲者のように感じる映画です。アシリアクリニック